庭でささやかながらも、ガーデニングを楽しんでいる。

といっても多肉植物の小さな鉢が5つくらいあるだけだが、
ほとんど手をかけなくても良いし、それでいて可愛い…というところで、
適当に小さく保ちながら結構長く育てている。



で、いつも世話をするときはガーデニンググッズを
玄関から出してくるのだが、この間そのまま庭に置きっぱなしにしてしまい…

私が住んでる地域は冬は氷点下も珍しくない。

植物は小さいビニールの温室に入れるようにしているので
この寒さでもピンピンしているが、モノ出しっぱなしにすると
寒さのせいで割れてしまったり、劣化が早まってしまうのだ。

なのに、なおすのをうっかり忘れてしまったのだった。

幸い、1週間くらいで気づいたけれど、肥料かわりというか
気休めに与えている活性剤(以下のやつね)がカチカチに凍ってしまっており。。。
HB101の実験 - 花に魅せられて
なぜ HB-101が植物に良いのか?

凍ったくらいで変質はしないと思うけれど、大丈夫かどうかもわからない。

匂いなどは変わっていないので大丈夫だとは思いはするが、
もう残りすくなかったので、その活性剤は使わず新しいものを買い直すことにした。



あと、ビニールの温室内に入れていた多肉、これまで1度も
寒さにやられたことはなかったのに、端のほうにおいていた多肉が
しわしわになって色が変わりかけており…

真冬にシワシワになるのはいつものことなので
大丈夫だと思うけど、ちょっといつもとは違う色だったので心配。

近年は、気候の変化が激しく、急に植物の調子が悪くなったりすることも少なくない。

その影響で弱ってしまったのかなあと思いつつ、
しばらく様子を見ることにする。

かなり長く育てている多肉なので、枯れてしまったら悲しい。