冬といえば…やっぱり雪。

雪国の人達は「大変だ~」といいながらも
意外と雪かきが好きだったりする。

2メートルとか降るような所では、さすがに好きだといえる
レベルではないかもしれないが、特にお年寄りなんかは退屈しのぎ
にもなるからかパサッと降ったくらいでも張り切って外に飛び出す。
(道路にはみ出しながら黙々とやっている方もいるので少し危ない)

私自身も、汗だく・筋肉痛になるのだが、やっぱり雪かきが好きだ。
ホント大変だけど・・・人のブログなんか見てると、うんうんと頷いてしまう。
雪国は大変、落雪注意。
雪国は、大変なのだ!


片付け終わったあとの爽快感?スッキリ感?がたまらないし、
家に入って飲む温かい飲み物が格別に美味しい!

子供が産まれてからはソリ山や雪だるま、
かまくらなど作ってあげた時の喜ぶ顔を見て自己満足。

地元は酪農家が多く、学校周りや通学路はおとうさん方が
大型重機であっけなく片付けてしまうので学校が休みにならないのは残念だった(笑)



気をつけなければならないのが、凍結。

11月には車のタイヤ交換、水道の電熱線を入れたり、
窓にプチプチを貼るなど…寒さ対策が必須。

雪が降っても日中気温が上がり、溶けてしまう地域はいいが、
最高気温が氷点下の日が普通にあるので、ほぼ溶けない。

真冬にテレビのニュースで、最高気温1ケタになり極寒
とか騒いでいるのを見ると…十分暖かいじゃん!
プラスなだけいいじゃん…と思う(笑)



ものすごく寒い日に‘鼻毛が凍る’という
感覚を味わえるのも寒冷地ならでは。

息を吸った時に、鼻の中がピキピキいうのだけど…意外と嫌じゃない。

色々病気が流行ったり、体温調節がうまくできずに
弱ってしまうこともあるけど、やっぱり冬が好きだ。